case study 01

全国に点在する猫カフェで導入。オンラインで勤務状況が確認できるのは安心です。

NECO REPUBLIC東京 御茶の水店

嬉野 千鶴 さま

ネコリパブリックお茶の水店はいつオープンしたんでしょうか?

ネコリパブリックお茶の水店がオープンしたのは約3年前です。ネコリパブリックの代表が岐阜出身なので、一号店と本部は岐阜にあります。

岐阜をオープンしたあと、大阪で猫の多頭飼育崩壊(ペットを多数飼育した飼い主が、無秩序な飼い方による異常繁殖の末、飼育不可能となる状態)が起きたことをきっかけに、地域の保護猫団体と協力して大阪の店舗をオープンしました。

大阪の店舗はネコビルと呼ばれていて、ビル1棟丸々がネコリパブリックです。東京の店舗がオープンしたのは、大阪店の後になりますね。

ネコリパブリック

保護猫に関する課題があって、それを解決するためにネコリパブリックという店舗ができていくという感じなんですね。スマレジ・タイムカードはどちらの店舗で導入していただいていますか?

岐阜、大阪、お茶の水、中野のネコリパブリックで導入しています。

スマレジ・タイムカードを導入して良かったのは具体的にどのような点でしょうか。

ネコリパブリックは、保護団体からお預かりしている猫たちが居る「保護猫カフェ」です。たいせつな保護猫たちと一緒に運営するお店ですから、猫たちの世話をしているスタッフの出勤状況を、本部がいつでもどこでからでも確認できることは、心理的な安心感があると思います。

ネコリパブリック

たしかに、生き物に関わるお仕事ですから、お店の従業員の状況がいつでも確認できるのは心強いかもしれません。店舗でのスマレジ・タイムカードの使い勝手はいかがでしょうか。

iPadをピッとタッチするだけで打刻できるので、アルバイトのスタッフにも使いやすいと思います。自分のスマホから勤務の実績時間を確認できるのは、特にアルバイトのスタッフには便利なのではないでしょうか。

また、猫たちが安心して自由に過ごせるエリアをしっかり確保したうえで、猫グッズの販売スペースも必要ですから、店舗に必要な機器を設置する場所には限りがあります。iPadのようなコンパクトなデバイス1台で、レジにも勤怠管理にも様々な用途で活用できるというのは、とても助かります。

ネコリパブリック

勤務時間によって月々の給与が変わるアルバイトの方は、勤務の実績時間が確認できれば、収入の目安にもなりますね。現在、月額利用料無料のスタンダードプランをご利用いただいていますが、導入後、勤怠管理業務自体に何か変化はありましたか?

全国のネコリパブリックで打刻・蓄積されたスマレジ・タイムカードのデータを、岐阜にある本部の経理担当が確認して、月々の給与計算を行っています。全店舗の会計管理は本部でやっていますが、勤怠情報に関してはクラウドに上がっているので、お店ごとに報告しなければならない業務がありません。お店側で何か集計して提出する必要がないというのは、人為的ミスも減りますし、業務効率化につながっていると思います。

ネコリパブリックは「自走型保護猫カフェ」というテーマを掲げていて、店舗で出た利益をできる限り保護猫活動の活動資金に還元しながら、ビジネスとしても健全に運営していきたいという気持ちがあります。

店舗運営には欠かすことができない従業員の管理システムを無料で利用できることは、とてもありがたいですね。

ネコリパブリック

最後に、ネコリパブリックのPRをお願いします。

ネコリパブリックは、地域の保護猫団体と協力して、保護された猫の里親探しを行いながら、猫とおしゃれで素敵なライフスタイルを提案し、ビジネスとしても「自走」できることを目指す新しいスタイルの「自走型保護猫カフェ」です。お客様とお店が「猫助け」という理念を共有し、楽しみながら猫の保護活動をサポートする仕組みを作っています。

全国に6つのネコリパブリックと、西葛西には動物病院併設のキャットプラザwithネコリパブリックがあります。是非、猫たちに会いにいらしてください。

ネコリパブリック

ネコリパブリックお茶の水店には、現在25匹の保護猫が在籍しています。保護猫活動に関心のある方や、保護猫の里親になることを検討している方は、是非足を運んでみてくださいね。

もちろん「猫が大好き!」「猫と遊びたい!」というお客さまも大歓迎とのことですので、可愛い猫たちに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

NECO REPUBLIC東京 御茶の水店
株式会社ネコリパブリック
業種
サービス業
導入店舗数
4店舗
利用プラン
スタンダードプラン
いい未来を作る。株式会社スマレジ

株式会社スマレジが提供するクラウドサービス

クラウドPOSレジ周辺機器の販売

株式会社スマレジのサービス一覧