2018/08/07

店舗・企業運営に必要なワークフローを自由に作成できるようになりました

管理画面 2.4.0
2018年8月7日、タイムカード管理画面がバージョン2.4.0になりました。

管理画面のアップデートですので、現在ご契約中のお客様はログインするとそのまま新バージョンがご利用頂けます。
更新内容は以下の通りです。

更新内容
申請・承認 店舗・企業運営に必要なワークフローを自由に作成できるようになりました

カスタムワークフロー機能を使えば、休暇申請や、勤怠修正申請といった勤怠に関する申請だけでなく、
入社申請や購入稟議といった様々な申請をスマレジ・タイムカードで自由に作成・運用可能です。

詳しい操作方法についてはヘルプページ・"カスタムワークフロー"機能とはをご覧ください。
※ カスタムワークフローの作成と運用はエンタープライズプランでのみご利用ができます
プロジェクトとのワークフローの紐づけを行うことができるようになりました

ワークフローと、どのプロジェクトが関連しているか記録を残し、申請・承認作業の抜け漏れを防ぐことができるようになりました。
※ プロジェクト機能はエンタープライズプランでのみご利用が可能になります
休日出勤や振替休暇の修正・削除の申請ができるようになりました

これまでは休日出勤や振替休暇の日付が変更になった場合は管理者しか修正ができませんでしたが、
これからは従業員側から変更処理を申請が可能になります。
労務規定機能 労務規定機能が設定できるようになりました

労務規程機能では、残業時間が長い社員の監視、
また、本人へ注意のメールを送ることで注意喚起を行うことができます。
36協定で規定される残業時間だけでなく、毎月の遅刻や欠勤回数などについても管理することができます。

詳しい操作方法についてはヘルプページ・労務規定の機能についてをご覧ください。
※ 労務規程機能はエンタープライズプランのみご利用いただけます
給与 年別給与にて詳しい項目がcsvダウンロードできるようになりました

一覧で従業員の給与支給額を確認できる「年別の給与」画面にて、
これまでは社会保険や源泉徴収の手当に関する部分が合算されて集計されていましたが
これからは項目ごとに詳しい内容でダウンロードできるようになりました。
遅刻、早退、欠勤 管理者トップにて出退勤時の写真、位置情報が表示されるようになりました

従業員で打刻時で撮影した写真や位置情報を表示できるようになりました。
 
以上になります。
今後とも「スマレジ・タイムカード」をどうぞ宜しくお願い致します。
前の記事へ | 次の記事へ