case study 01

スマレジと同一アカウント内でログイン管理ができることと操作性が決め手でした

ジョバンニーズ&カフェダイナーズ 吉祥寺店

取締役 専務 営業本部 部長 根元翔平様

お店はいつ頃オープンしたのですか?

2016年の12月26日にオープンしました。 業態はハワイのガーリックシュリンプをメインとしたハワイアンカフェダイニングです。 1年くらい前から物件を探して、比較的落ち着いていて、路面で外からの視認性も良いここに決めました。 もともとのターゲットとしては、20代から30代を中心に考えていたのですが、 この立地からご家族連れやご年配の方などにもお越しいただいています。

店内写真

スマレジ・タイムカードを導入したきっかけを教えてください

そもそもレジでスマレジを使っていたので、必然的に連携するタイムカードを探していました。 あとは、店長やスーパーバイザーという立場にたったときに、同一アカウント内でログイン管理できるという点が便利だと感じましたね。様々なタイムカードアプリを見たのですが、コストパフォーマンスが良い点やマルチデバイスで利用できる点、そして操作性が一番良かったことが導入の決め手となりました。

タイムカードを導入して効果はありましたか?

もともと、当社にはタイムカードシステムが存在していなかったんです。 導入前は、エクセルで出勤・退勤時間を管理していました(笑)。今思うとよく管理できていたなと感じます。 当然のことですが、その後の会計ソフトへのデータ入力も手間がかかっていましたね。管理が煩雑で効率が悪かったのです。 こういった手間が解決されたので、スマレジ・タイムカードの導入効果は非常に大きかったと言えます。

導入当初のことや不安だったことを教えてください。

最初の導入期間は、スタッフ登録やルール決めなどを含めて1ヶ月ほどかかりました。 お店のスタッフのシステムに対するリテラシーが低いことを不安視していたのですが、アプリで打刻できるスマレジ・タイムカードは、 抵抗なくスムーズに覚えることができたようです。

アプリで出退勤を打刻できるので、抵抗なくスムーズに導入できました。

便利だと思う機能ありますか?

当社では弥生会計を使っているのですが、タイムカードの給与計算連携が大変便利です。 それと、僕は移動が多いので、クラウド上で売上やスタッフ管理ができるのは便利ですね。 お店のスタッフも自分のスマホから働いた実績時間を確認できると思うので、便利だと思いますよ。

iPadはタイムカード以外にどのように使っていますか?

スマレジはもちろんですが、予約システムでもiPadを使っています。

最後にお店のPRをお願いします

吉祥寺駅から徒歩数分という立地で昼から夜遅くまでやっておりますので、時間を選ばずゆっくりできます。 美味しいガーリックシュリンプを用意していますので、ぜひお越しいただければと思います!