無料でアカウントを作成する

60日間すべての機能が使えます。

アカウント作成から60日後、プレミアムプランかエンタープライズプランにアップグレードされない場合、自動的に無料のスタンダードプランに切り替わります。

すでにスマレジ・アカウントをお持ちの方は、アカウントホームから、サービス設定を行うだけでご利用可能です。アカウント管理者にお問い合わせください。

アプリからアカウントの作成をすることもできます。スマレジ・タイムカードは、App Storeからインストールできます。

働き方改革とは?

2019年4月から施行された、働き方改革関連法案。 一億総活躍社会の実現に向けた、多様な働き方を実現するための取り組みです。 中小企業に関わる働き方改革について、分かりやすく解説します。

働き方改革やテレワークが、企業に
もたらすメリットとは

長時間労働の抑制は、時間あたりの労働生産性を改善し、ワーク・ライフ・バランスを実現することができます。
テレワークの実施など、働きやすい職場環境を整え、魅力ある職場とすることで、人手不足の解消にもつながります。

  • 離職率の低下
  • 業務効率化
  • 従業員の健康
  • 快適な職場環境

勤怠管理に関わる、働き方改革関連法

年次有給休暇の年5日の時季指定は、業種・規模を問わず対応する必要があります。
2020年の4月からは中小企業の時間外労働の上限規制が開始、特別な事情で時間外労働を行うには36協定の締結が必要になります。

年次有給休暇の年5日の時季指定

年次有給休暇指定 グラフ

年次有給休暇が10日以上付与される労働者に、使用者が時季を指定して年間5日以上取得させることが義務付けられます。

年次有給休暇管理簿の作成が必要(3年間保管)

パート・アルバイトも義務の対象

大企業 中小企業
施行開始 2019年4月
違反罰則 30万円以下の罰金
※従業員自らの請求や計画的付与による取得日数が年間5日以上となっている場合などは時季指定を行う必要はありません

時間外労働の上限規則

時間外労働の上限規則 グラフ

時間外労働の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別事情がなければこれを超えることはできません。

時間外労働を行うには、36協定を締結し届出が必要。

休日労働の把握

大企業 中小企業
施行開始 2019年
4月
2020年
4月
違反罰則 6ヶ月以下の懲役または
30万円以下の罰金

テレワーク導入のための、労働時間の注意点

テレワークを行う場合においても、労働基準関連法令が適用されます。
仕事とプライベートの切り分けが難しく長時間労働になりやすいため、労働時間を管理する必要があります。

労働時間の適正な把握

通常の労働時間制度に基づきテレワークを行う場合、企業はタイムカード、ICカード、パソコンの使用時間の記録などの客観的な方法で、従業員の労働時間の記録することが義務付けられています。

時間外労働・休日出勤の管理

テレワークを行う労働者は、業務に従事した時間を日報等において記録し、法定労働時間を超える場合や法定休日に労働を行わせる場合は 36協定の締結、届出、割増賃金の支払いが必要です。

スマレジ・タイムカードの
働き方改革に対応した機能

クラウド勤怠管理システムのスマレジ・タイムカードなら、法改正後の勤怠管理に対応。
テレワーク導入による従業員の勤務時間の管理にも最適です。

年次有給休暇の時季指定義務に対応
有給休暇の付与 日自動算出

入社日から有給休暇の付与日を自動算出

労働基準法に基づいた有給休暇を入社日から計算して、自動的に付与します。取得状況を一覧で確認でき、一覧から管理簿出力・警告メールを送付することが可能です。

自動でアラート 送付

自動でアラートを送付

すべての従業員の有給取得状況を自動で監視し、有給消化日数に満たない従業員に対して、アラートを送信し取得を促します。

時間外労働の上限規制に対応
自動に労務アラートで集計・注意喚起

労務アラートで集計・注意喚起が自動に

システムが従業員の勤怠状況を監視することで、漏れのない管理が可能です。違反する前に自動で注意喚起し、規定違反の予防に効果を発揮します。

月60時間を超える時間外労働の割増賃金対応

月60時間を超える時間外労働の割増賃金に対応

通常の時間外労働時間と重複しない集計や、月60時間以上の労働を行なった際に給与明細に表示を設定できます。 ※2023年の4月から中小企業も「月60時間超割増賃金率引上げ」義務化。

テレワークに対応
出退勤不正防止機能

出退勤の不正防止機能

パスコード入力、写真撮影による本人確認、位置情報(GPS)による不正防止が可能です。

勤務状況遠隔確認

勤務状況を遠隔で確認

管理者アカウントでログインすれば、従業員の勤務状況を一覧で把握できます。

勤怠記録と連動した日報

勤怠記録と連動した日報

日報機能で勤務内容を確認。日報タグにより業務内容と労働時間の集計が可能です。

いい未来をつくる 株式会社スマレジ

株式会社スマレジが提供するクラウドサービス

クラウドPOSレジ周辺機器の販売

株式会社スマレジのサービス一覧