無料でアカウントを作成する

60日間すべての機能が使えます。

アカウント作成から60日後、プレミアムプランかエンタープライズプランにアップグレードされない場合、自動的に無料のスタンダードプランに切り替わります。

すでにスマレジ・アカウントをお持ちの方は、アカウントホームから、サービス設定を行うだけでご利用可能です。アカウント管理者にお問い合わせください。

アプリからアカウントの作成をすることもできます。スマレジ・タイムカードは、App Storeからインストールできます。

スマレジ・タイムカードは、
テレワークや在宅勤務でも使える

在宅勤務・テレワークの導入ポイントをまとめました。
スマレジ・タイムカードなら、すべての機能が「60日間無料」でお使い頂けます。
ぜひ、お役立てください。

使えます テレワーク対応 勤怠管理 60日間無料

テレワークや在宅勤務の管理で抱える課題

在宅勤務などのテレワークでは、社員が「いつ」「どのような」仕事をしているのか把握できないという問題や、
承認・申請のワークフローのために出社する必要があるなど、会社の体制による課題があります。

テレワーク・在宅勤務に重要な4つのポイント

不正のない 正確な勤務時間

テレワークや在宅勤務では、社員が始業や終業の報告を行ったとしても、実際の労働状況把握は難しくなります。打刻した際の位置情報や、本人情報を用いて、正確で社員と会社双方に納得のできる勤怠情報が重要です。

勤務時間に基づいた
業務内容

「何の業務」に「どのくらいの時間」をかけたのかを把握することはテレワークを行う上で重要ですが、社員に負担になるような過度な監視・報告を強いることは避け、勤怠時間と業務内容が自動で結びつくものが好ましいです。

各業務の
進捗状況

複数人で進捗させるプロジェクトでは、気軽に顔を合わしコミュニケーションができないテレワークの状況下において、どのような進捗状況か把握するのが難しいです。各タスクの進捗状況を可視化できるシステムの導入が望ましいです。

在宅でも負担のない
ワークフロー

各業務の「承認」「申請」を書類ベースで行っている場合、遠隔地の社員と一緒に仕事を進めにくくなります。サインやハンコを理由に、社員を出社させることは避け、ワークフローのペーパーレス化を目指しましょう。

スマレジ・タイムカードが解決する、テレワークの勤怠管理のポイント

クラウド勤怠管理のスマレジ・タイムカードなら、出退勤の打刻だけでなく、
業務内容の報告、進捗の報告が同時に行えるので、社員に無理なく、勤務状況を可視化することが可能です。

社員

  • 勤務時間の報告
  • 日報よる業務内容の報告
  • プロジェクト進捗の報告
  • 申請のオンライン化

会社

  • 勤務状態・業務内容の把握
  • プロジェクト進捗の把握
  • 適性な人事評価
  • 承認のオンライン化・ペーパーレス化
すべてのプラン

従業員の出退勤を一覧で把握。
位置情報の送信で、不正のない打刻を。

アプリをインストールすれば、特別な機器を用意する必要なく、自宅のPCやスマホから勤怠打刻を開始できます。従業員の出勤状況は一覧で確認でき、打刻時に位置情報の送信や、顔写真の撮影による本人確認も可能です。

エンタープライズ

日報機能で、無理なく報告。
勤務時間に即した、業務内容がわかります。

日報作成時に日報タグを利用すれば、業務時間の内訳を正確に報告することができます。誰がどの作業にどのくらい時間を使ったかを、一目で把握することができます。

エンタープライズ

プロジェクトの進捗を一目で把握。
簡単で確実な予実管理。

従業員が日報につける日報タグから、実績を自動で算出します。チーム作業をプロジェクト管理することで、目的・予算・進捗状況をしっかり把握することができます。

エンタープライズ

ワークフローをオンラインで完結。
場所を選ばず、申請・承認。

ワークフローをシステム化することで、煩雑な業務を劇的に改善します。
申請経路とワークフローを作成でき、残業や休暇の取得だけでなく、会社独自の申請なども、自由に作成できます。

違反にならないために、
適性な勤務時間と就業規則を

在宅勤務などのテレワークでは、仕事とプライベートの切り替えが難しく、長時間労働になる傾向があります。
残業時間の調整や、労務規定を見直す必要性もでてきます。

自動でアラート 送付

労務アラートで集計・注意喚起が自動に

時間外労働時間などを、システムが自動で監視・警告を行うことで、36協定や社内規定の違反を未然に防ぎます。

就業規則に即した規則の変更

就業規則に即した規則の変更

就業規則に定めた月の平均労働日数、休日や残業時間などの変更を行うことができます。

テレワーク勤怠システムと従来の勤怠システムの違い

スマレジ・タイムカード

従来型 勤務管理ツール

出先や自宅からの勤怠打刻

スマホや自宅のPCからの勤怠打刻が可能

勤怠先のPCや機器のみの打刻など

打刻の本人確認

打刻時の写真撮影による本人確認

打刻時間のみの記録で、不正を行いやすい

打刻場所の確認

打刻時にGPS位置情報を送信

位置情報の記録なし

勤怠状況の確認

・管理者が遠隔で確認できる
・リアルタイムで出勤状況を把握

遠隔で確認できないシステムもある

長時間労働などのアラート

違反があった場合には、管理者・従業員にメールでお知らせ

別ツールで管理する必要

法令遵守

法改正にあったシステムに自動アップデート

・手動による規定作成
・新規定によるツールメンテナンスが発生

休暇や残業の申請

ワークフローにより、遠隔でも申請可能

ワークフロー申請のための出勤

工数管理

・日報タグに紐づいた工数を把握
・プロジェクト管理による工数管理

別ツールで管理する必要

スマレジ・タイムカード 勤怠システム導入の流れ

無料アカウント作成後の60日間はすべての機能が無料で使えます。
驚きのタイムカードの機能をご体験ください。

  • 60日間無料
    アカウント作成

    Webサイトの「」からアカウントを作成ください。アプリでの打刻をご希望の場合、iOS端末にアプリをダウンロードしてください。

  • トライアル中
    無料電話相談

    トライアル中の60日間はすべての機能が使い放題&無料電話相談にてスタッフと導入に関するサポートを受けることができます。

  • ご導入後
    継続・プラン変更

    お試し期間中のデータも引き継げ、タイムカード管理画面より有料プランへの変更が可能です。変更がない場合は、自動で無料プランに移行します。

無料電話相談

導入の悩みや不安、私たちが解決します。

アカウント作成から60日間、専門のスタッフが事例を交えながらアドバイス。
ご希望の時間帯にお電話で疑問にお答えします。
※アカウント作成から60日以内に無料電話相談を申し込まれた方(1回限り)

サポートスタッフ
いい未来をつくる 株式会社スマレジ

株式会社スマレジが提供するクラウドサービス

クラウドPOSレジ周辺機器の販売

株式会社スマレジのサービス一覧